EC-Rider B2B 機能紹介

外部システム連携

基幹システムや物流システム、決済システム等、様々な外部システムとの連携もスムーズ。
EC-Rider B2BならではのCSV項目編集機能で多様なシステムとつながります。

「既に業務で利用している基幹システムと連携させたい」「倉庫の物流システムとデータ連携させたい」「希望する決済代行会社の決済システムを入れたい」など、外部システムとの連携を希望されるお客様にCSV形式による外部システム連携機能を用意しています。

CSVによるデータ連携

EC-Rider B2Bには、CSV形式のデータをインポート、エクスポートする機能を標準装備しています。
基幹システムから顧客データや商品データを取り込む、受注データを基幹システムに転送するといったデータのやり取りは、汎用性高く多くの外部システムで標準装備されているCSV形式によってセットアップ後すぐにデータ連携が可能です。

EC-Rider

CSV出力項目の編集機能

EC-Rider B2Bの管理するデータはCSV形式でエクスポート(ダウンロード)する機能が標準装備されていますが、連携する外部システムのCSVデータ取込機能の仕様に合わせて、出力する項目や、レイアウト(列の並び)を自由に編集することができます。
エクスポートするCSVデータの編集したデータは複数保存することができますので、基幹システムや会計システム、配送管理システムなど、様々な外部システムに最適化したCSV出力項目を設定することができます。


<主な連携可能システム>

 ■各種基幹システム
 ■メールマガジン/メールニュース配信
 ■BIツール
 ■送り状発行システム

自動連携などカスタマイズへも柔軟に対応

EC-Rider
貴社が保有する基幹システムと「自動で連携する仕様にしたい」「人の手を介さず決められた時間に同期を取りたい」「メルマガ配信システムと連携して簡単にメルマガを送りたい」といったご要望にも、EC-Rider B2Bの機能拡張、カスタマイズとして柔軟に対応します。詳しくはこちらをご覧ください。

カスタマイズの機能紹介を見る

外部システム連携に関する「よくあるご質問」

Q
標準で連携できるシステムは何がありますか?
A
EC-Rider B2B の外部連携機能では、商品情報、注文情報などのデータを自由なレイアウトでCSVファイルとして出力できます。
連携先のシステムにあわせてレイアウトパターンを作成することで、多彩なシステムとの連携が可能です。

[連携可能なシステム一例]
送り状発行システム
販売管理システム
在庫管理システム
メルマガ発行システム
Q
リアルタイム連携は可能ですか?
A
カスタマイズにて対応が可能です。
連携の方式も、貴社のご要件に応じて柔軟にご提案させていただきますので、お気軽にご相談下さい。

その他の「よくあるご質問」を見る >

EC-Rider B2Bの機能紹介

100種類を超える機能を搭載
詳細な機能の一覧は、資料ダウンロードでご覧いただけます。

EC-Rider

お問い合わせ

EC-Rider B2Bに関するお問い合わせは以下からお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

EC-Rider

インターネットでのお問い合わせ

  • EC-Rider B2B 資料請求
  • EC-Rider B2B お問い合わせ